【過去問倶楽部】
 〜弁理士〜
   (平成21年)


【問題 1】
特許法に規定する手続等に関し、次の(イ)〜(ホ)のうち、正しいものは、いくつあるか

(イ)法人でない社団であって、代表者の定めがあるものは、その名において、特許発明の技術的範囲について、特許庁に対し、判定を請求することができる

(ロ)年齢13歳の少年甲(特許法第7条第1項ただし書きの「独立して法律行為をすることができる」者に当たらないものとする。)が発明をした場合、甲は、法定代理人の同意を得て、弁理士を代理人として選任し、手続をすることができる

(ハ)審判長は、手続をする者の代理人がその手続をするのに適当でないと認めた。このとき、審判長は、代理人の改任を命ずることができる

(ニ)特許出願の願書には、特許出願人の氏名又は名称及び住所又は居所、並びに発明者の氏名及び住所又は居所を記載することを要するが、発明の名称を記載することを要しない

(ホ)特許証は、紛失しても、再交付を請求することができない。

 1つ

 2つ

 3つ

 4つ

 5つ




弁理士の問題番号選択画面へ

弁理士のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.