【過去問倶楽部】資格対策
〜社会保険労務士(社労士)〜
 (平成23年 労働者災害補償保険法)


【問題 1】
二次健康診断等給付は、労災保険法第26条第1項の一次健康診断において、血圧検査、血液検査その他業務上の事由による脳血管疾患及び心臓疾患の発生にかかわる身体の状態に関する検査であって、厚生労働省令で定めるもの(@血圧の測定、A低比重リポ蛋白コレステロール(LDLコレステロール)、高比重リポ蛋白コレステロール(HDLコレステロール)又は血清トリグリセライドの量の検査、B血糖検査、C腹囲の検査又はBMI(BMI=体重(kg)/身長(m)2)の測定)が行われた場合において、一定の要件に該当する労働者(当該一次健康診断の結果その他の事情により既に脳血管疾患又は心臓疾患の症状を有すると認められるものを除く。)に対し、当該労働者の請求に基づいて行うものである。この場合の一定の要件として、次のうち正しいものはどれか。

 上記検査項目のいずれかの項目に異常の所見があると診断されたとき

 上記検査項目の2つ以上の項目に異常の所見があると診断されたとき

 記検査項目の3つ以上の項目に異常の所見があると診断されたとき

 上記検査項目のC及び@からBのいずれかの項目に異常の所見があると診断されたとき

 上記検査項目のいずれの項目にも異常の所見があると診断されたとき





社会保険労務士(社労士)の問題番号選択画面へ

社会保険労務士(社労士)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.