【過去問倶楽部】
〜中小企業診断士〜
 (平成22年 経営情報システム)


残念!!

【問題 7】
 ノートPCやモバイル機器を事業所内の様々な場所で利用してインターネットに接続したり、プリンタや共有ディスクを様々な場所から利用したりするなど、柔軟な情報設備利用を行いたい場合、無線LANを利用することも多い。この無線LANに関する記述として最も適切なものはどれか。

× 
 マウスやキーボードの接続に利用されるBluetoothは、無線LANが採用しているCSMA/CA方式のプロトコルを使用しているので、遠隔地にあるPCへのデータ入力や各種の操作が可能である。
    (選択率 6 %  18/296 )
× 
 無線LANではUHF帯の電波を利用しているので、地上デジタル放送の電波を利用して通信が可能である。
    (選択率 2 %  5/296 )
× 
 無線LANのアクセスポイント設置には、最低1つのIPアドレスが与えられた有線LANのノードが必要で、無線LANのアクセスポイント同士を中継して到達距離を延ばすことはできない。
    (選択率 21 %  62/296 )
 
 無線LANの通信方法にはPC等の機器同士が直接通信するアドホックモードと、アクセスポイントを介して機器同士が通信するインフラストラクチャモードがある。
    (選択率 71 %  211/296 )
問題8へ

中小企業診断士の問題番号選択画面へ

中小企業診断士のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.