【過去問倶楽部】
〜中小企業診断士〜
 (平成22年 経営情報システム)


【問題 1】
 パーソナルコンピュータ(PC)には様々な半導体を利用した記憶装置が使用されているが、業務に適したものを選択しなければならない。したがって、その特性を理解しておく必要がある。
 次のa〜dの記述と半導体を利用した記憶装置の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

a 主記憶装置に利用され、高速に読み書きができるが、記憶保持のためにはリフ レッシュ操作が必要で、電源を切ると内容は消去される。
b BIOSなどのデータを工場出荷時に書き込み、PCでは読み込み専用で使用す るもので、電源を切っても内容は保持される。
c 書き換えが可能で、デジタルカメラからPCへのデータ移動にも使用される。他の半導体記憶装置と比べると書き換えできる回数が少ないが、電源を切っても内容は保持される。
d 画面に描画するRGBの輝度データを記憶させるもので、電源を切ると内容は消去される。


 a:SDRAM        b:マスクROM
c:フラッシュメモリ  d:VRAM

 a:VRAM        b:フラッシュメモリ
c:SDRAM        d:マスクROM

 a:フラッシュメモリ  b:VRAM
c:マスクROM      d:SDRAM

 a:マスクROM      b:SDRAM
c:VRAM        d:フラッシュメモリ




中小企業診断士の問題番号選択画面へ

中小企業診断士のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.