【過去問倶楽部】
〜中小企業診断士〜
 (平成22年 経営情報システム)


【問題 18】
 情報システム開発の上流工程に関して留意すべき事項が、例えば原理原則として、いくつか提案されている。そのような留意すべき事項の記述として最も適切なものはどれか。

 開発プロセスの進展に合わせて反復して行う多段階の見積りは、見積り変動により発注者や開発者のリスクを増大させる。

 数値化していない要件は、それを満たしているか否かの判定基準が人によって異なるので、数値化すべきである。

 要件定義に未確定な部分があるときは、漏れがないように決定を先送りすべきである。

 要件定義の設定は、発注者と開発者の共同責任である。




中小企業診断士の問題番号選択画面へ

中小企業診断士のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.