【過去問倶楽部】
〜中小企業診断士〜
 (平成22年 経営情報システム)


【問題 19】
 情報システムの投資価値を検討する枠組みとして、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が2009年に発表した価値指向マネジメントフレームワーク(IT-VDM/VOM;IT Value Domain Model, Value Oriented Management)が利用できる。これは、情報システム開発に関するユーザとベンダの問題意識の共通を目的とするものである。このフレームワークに関する記述として最も適切なものはどれか。

 IT-VDMでは、価値ドメインと価値プロセスの二次元での分析を元に意思決定を行う。

 IT-VDMの価値ドメインでは、ビジネス企画、システム企画、開発などの、意思決定が必要となる局面を定義する。

 IT-VDMの価値プロセスは、P(計画)→D(実施)→C(点検)→A(改善)サイクルのP(計画)局面で遂行する。

 IT-VOMは価値指向管理を目標とし、この具体的な適用方法がIT-VDMになる。




中小企業診断士の問題番号選択画面へ

中小企業診断士のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.