【過去問倶楽部】
〜中小企業診断士〜
 (平成22年 経営情報システム)


【問題 2】
 PCの処理能力は様々である。その中から業務に適した能力のPCを選択しなければならない。PCの処理能力に関する次の文中の空欄A〜Eに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 PCの処理能力はCPUの演算速度によって変化する。CPUの動作クロック周波数が【 A 】のものに比べ【 B 】で動作するものは演算速度が速い。PCに使用していたCPUを、動作クロック周波数が【 C 】ものに取り替えると処理能力は高くなる。
 CPUとメモリや周辺機器の間ではデータのやり取りが【 D 】を通じて行われる。【 D 】によるデータ伝送の幅は【 E 】で表現され、数値が大きいほどPCの処理能力は向上する。

 A:2GHz     B:800MHz     C:低い
D:キャッシュ  E:bps

 A:2μs     B:800ms     C:低い
D:キャッシュ  E:ビット数

 A:800MHz    B:2GHz     C:高い
D:バス     E:ビット数

 A:800ms     B:2μs     C:高い
D:バス     E:bps




中小企業診断士の問題番号選択画面へ

中小企業診断士のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.