【過去問倶楽部】
〜中小企業診断士〜
 (平成22年 経営情報システム)


【問題 21】
 今日では多様な業務をアウトソーシングすることができる。アウトソーシングで利用できる業務やサービスに関する記述として最も適切なものはどれか。

 企業の電話窓口でオペレータが対話的に応答することをIVR(InteractiveVoice Response)という。

 社内スタッフからの業務支援要請を取り次ぐ部門をコンタクトセンタという。

 情報設備の新設や移設と設定などを行うサービスをキッティングサービスという。

 保有するサーバの一部機能を利用者に有料で利用させることをハウジングサービスという。




中小企業診断士の問題番号選択画面へ

中小企業診断士のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.