【過去問倶楽部】
〜中小企業診断士〜
 (平成22年 経営情報システム)


【問題 24】
 母集団の分布形状は不明であるが、その平均は100で標準偏差が30である場合、ここから無作為に標本1,000個を抽出するときに、その標本の基本統計量に関する説明として最も適切なものはどれか。

 標本平均の分散は0.3である。

 標本平均の分散は0.9である。

 標本平均の分布はχ2分布になる。

 標本平均の分布形状は母集団と同じになる。




中小企業診断士の問題番号選択画面へ

中小企業診断士のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.