【過去問倶楽部】
〜中小企業診断士〜
 (平成22年 経営情報システム)


【問題 4】
 オープンソースソフトウェアにも業務に利用できるものがあり、近年は選択の幅も広がっている。このオープンソースソフトウェアに関する記述として最も適切なものはどれか。

 OSは、各々のハードウェアに依存して開発されているので、オープンソースソフトウェアは提供されていない。

 オープンソースソフトウェアはフリーウェアを意味し、作成者が著作権を放棄したソフトウェアである。

 オープンソースソフトウェアはプログラムのソースコードも入手可能で、そのプログラムを改良して使用したり、改良したプログラムを再配布することも自由に行える。

 文書作成、表計算あるいはプレゼンテーションのためのソフトウェアは、その動作が各々のOSに依存するので、オープンソースソフトウェアは提供されていない。




中小企業診断士の問題番号選択画面へ

中小企業診断士のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.