【過去問倶楽部】
〜中小企業診断士〜
 (平成22年 中小企業経営・政策)


【問題 1】
 次の文章の空欄AとBに入る最も適切な語句の組み合わせを下記の解答群から選べ。

 わが国における企業倒産の多くは中小企業によるものである。(株)東京商工リサーチ「全国企業倒産白書」によれば、2008年に発生した企業倒産件数(負債金額1千万円以上)のうち、中小企業(資本金1億円未満)が全体の97.5%を占めている。同年の業種別の倒産件数を見ると【 A 】の倒産が最も多く、倒産要因別の倒産件数を見ると、1998年から2008年まで一貫して【 B 】によるものが最も多くなっている。

 A:建設業    B:販売不振

 A:建設業    B:放漫経営

 A:サービス業  B:販売不振

 A:サービス業  B:放漫経営




中小企業診断士の問題番号選択画面へ

中小企業診断士のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.