【過去問倶楽部】
〜中小企業診断士〜
 (平成22年 財務・会計)


【問題 2】
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

収益の認識は、一般に、商品等の販売または役務の給付によって@実現したことをもって行われるとされている。しかし、長期の未完成請負工事等については、工事【 A 】基準とともに、工事【 B 】基準が認められてきた。
 工事契約に係る収益(工事収益)およびその原価(工事原価)に関して定めたA企業会計基準第15号「工事契約に係る会計基準」では、工事の進行途上においても、その進捗部分について【 C 】の確実性が認められる場合には、工事【 B 】基準を適用し、この要件を満たさない場合には工事【 A 】基準を適用するとされる。

(設問1)
 文中の空欄A〜Cに入る最も適切なものの組み合わせはどれか。

 A:完 成  B:進 行  C:進 捗

 A:完 成  B:進 行  C:成 果

 A:完 成  B:進 捗  C:進 行

 A:進 行  B:完 成  C:進 捗

 A:進 捗  B:完 成  C:成 果




中小企業診断士の問題番号選択画面へ

中小企業診断士のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.